飛行学校兵舎の復元CG


 本会が旧陸軍桶川飛行学校の建物群が解体される前の姿を映像記録に残そうと制作した映画(ビデオ)に使用するため、専門家に依頼して制作したCGです。

 桶川市が文化財指定して復元しようとしている建物構成ではなく、本会の調査資料にもとづき、昭和18年ごろにあった全部の建物を復元したものです。

 このうち、復元対象になっているのは、中央の宿舎、守衛所、車庫、便所の4棟(弾薬庫は解体されていない)です。